PR

ニュース 社会

仕事仲間を包丁で刺す 殺人未遂容疑で横浜の61歳男逮捕

Messenger

 仕事仲間の脇腹を包丁で刺して殺害しようとしたとして、神奈川県警鶴見署は24日、殺人未遂の疑いで、横浜市鶴見区仲通の配管工、望月淳一容疑者(61)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前6時50分ごろ、同区鶴見中央の路上に駐車していたトラックの助手席で、運転席に座っていた仕事仲間の配管工、岩瀬雄二さん(53)=川崎市幸区古川町=の左脇腹を包丁で刺し、殺害しようとしたとしている。岩瀬さんは重傷。

 同署によると、望月容疑者と岩瀬さんは、別の会社に勤めており、事件前日から岩瀬さんの同僚の男性(62)と3人で、横浜市中区の同じ現場で仕事をしていた。事件直後、望月容疑者は男性に対しても包丁を向けたので、男性は近くの民家に逃げ込んで助けを求めたという。取り調べに対して望月容疑者は「前日に(男性から)『ポンコツ』とばかにされた。(男性を)殺そうと思って自宅から包丁を持ってきた」と供述している。岩瀬さんを刺した理由は明らかになっておらず、同署は詳しい経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ