PR

ニュース 社会

自宅に母親?の遺体放置 無職の男逮捕 神奈川・大和

Messenger

 自宅に母親とみられる女性の遺体を遺棄したとして、神奈川県警大和署は23日、死体遺棄容疑で、同県大和市下鶴間の無職、松山健史容疑者(53)を逮捕した。「結果としてこのようになってしまったことに間違いない」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は、9月下旬ごろから10月22日までの間、自宅の寝室に母親とみられる女性の遺体を遺棄したとしている。

 同署によると、松山容疑者は母親と2人暮らし。「(松山容疑者の母親と)連絡が取れない」と22日、母親の知人から連絡を受け、松山容疑者宅を訪れた市役所の職員から「異臭がする」との通報を受けて、駆け付けた同署員が遺体を発見した。

 松山容疑者は「母が亡くなったことが分かれば、年金がもらえなくなると思った」などとも話しているという。遺体は腐敗が進んでいるといい、同署が身元の確認とともに死亡の経緯などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ