PR

ニュース 社会

不正申請で補助金詐取、容疑で元弁当店の夫婦を逮捕 大阪府警

平成29年9月に開店した大阪府千早赤阪村の弁当店
Messenger

 大阪府千早赤阪村の補助制度で虚偽の申請を行い、補助金300万円を詐取したとして、大阪府警西堺署は23日、詐欺容疑で、同村内で弁当店「ふくまる」を経営していた堺市東区日置荘西町の会社員、井上浩容疑者(57)と妻の真美子容疑者(57)を逮捕した。同署は2人の認否を明らかにしていない。

 同村は府内で唯一コンビニエンスストアがない自治体として知られる。弁当店は昨年9月、開業経費の半分を最大300万円まで補助する村の制度を活用した第1号店として開業したが、今年7月末までに閉店した。

 逮捕容疑は共謀し、昨年7~9月、改装工事費が約150万円だったにもかかわらず、604万円とする虚偽の領収書などを村に提出し、補助金300万円をだまし取ったとしている。

 村によると、村の返還請求に対し、井上容疑者はこれまでに20万円を返還。今後も月額5万円を返還する約束をしていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ