PR

ニュース 社会

乳児に劇薬飲ませ殺害 母親に懲役10年求刑 東京地裁

Messenger

 東京都目黒区の自宅で生後2カ月の長女に劇薬を飲ませて殺害したとして、殺人罪に問われた母親の田畑幸香(さちか)被告(24)の裁判員裁判の論告求刑公判が23日、東京地裁(任介(とうすけ)辰哉裁判長)で開かれた。検察側は「巧妙で悪質な犯行」として懲役10年を求刑した。弁護側は無罪を主張し、結審。判決は31日。

 田畑被告は初公判で起訴内容を否認していた。

 検察側は論告で「2種類の薬剤を投与した。反省の情も認められない」と指摘。弁護側は最終弁論で田畑被告の母親の薬がミルクに誤って混入した可能性を主張した。最終意見陳述で田畑被告は「私は薬を飲ませていません」と訴えた。

 起訴状によると、平成28年12月29日ごろ、劇薬指定された成分を含む血圧降下剤や糖尿病の治療薬を長女の織音(しおん)ちゃんに飲ませ、薬物中毒で死なせたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ