PR

ニュース 社会

首都高190キロで走行容疑 ライン投稿で発覚、男逮捕

Messenger

 元日に首都高速道路湾岸線を時速190キロで走行したとして、神奈川県警高速隊は23日、道交法違反(速度超過)の疑いで、さいたま市見沼区春野、会社員後藤拓野容疑者(23)を逮捕した。

 高速隊によると、後藤容疑者は運転中にスピードメーターなどを撮影し、無料通信アプリLINE(ライン)のグループに自ら投稿。映像を見た友人が警察庁に通報した。

 逮捕容疑は今年1月1日午前2時40分ごろ、横浜市鶴見区扇島の首都高速湾岸線の上り線で、最高速度80キロのところを時速190キロで走行した疑い。 高速隊によると、後藤容疑者はカーシェアリングで借りた外車で、前日の大みそかから約6時間にわたって神奈川県内の高速道路などを走行したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ