PR

ニュース 社会

片山さつき地方創生相が文芸春秋を提訴「記事は虚偽」 

自民党の片山さつき議員=東京都千代田区の参議院議員会館(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 会社経営者から依頼を受けて国税当局に口利きをしたとされる「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、片山さつき地方創生担当相は22日、発行元の文芸春秋に1100万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 18日発売の週刊文春は、片山氏側が平成27年に国税当局の税務調査を受けていた会社経営者から、確定申告に絡む口利きを依頼され、100万円を受け取ったと報じた。

 訴状では、片山氏は国税当局への働きかけを引き受けたことはなく、金銭を受け取ったこともないなどして、「記事は虚偽で、著しく名誉を傷つけるものだ」としている。

 「週刊文春」編集部は「記事には絶対の自信を持っており、次号以降で、その真実性を証明していく」としている。

 片山氏は18日の会見で「口利きしたことはなく、100万円を受け取ったことも全くない」と否定。片山氏の私設秘書だった税理士も「片山氏の事務所の紹介で税理士業務を受けた。着手金として100万円を受け取ったが、国税への口利き依頼は受けていない」と疑惑を否定した。

 一方、会社経営者は19日、弁護士を通じ「(片山氏の)私設秘書から要求された100万円を指定された口座に振り込んだのは事実だ」とするコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ