PR

ニュース 社会

新幹線で拳銃所持と通報 名古屋駅、大阪府警警部補を聴取

Messenger

 22日午前9時20分ごろ、東海道新幹線の広島発東京行きのぞみ114号で「新幹線の中に拳銃を持った人物がいる」と乗務員から110番があった。愛知県警が名古屋駅に停車した列車の男性乗客から事情を聴いたところ、大阪府警警備部の30代の男性警部補ら3人だったことが判明。県警によると、3人は拳銃を所持し、スーツ姿で東京に研修に向かう途中だった。

 県警中村署などによると、新大阪駅を発車直後、乗客が警察官のうち1人が腰に拳銃を携帯しているのを見つけ、巡回中の乗務員に通報。乗務員が車内を点検したが、不審者が見当たらなかったため、名古屋駅に到着後に県警の警察官らが乗客の聴取を行った。

 府警によると、3人は研修で使用するため拳銃を携帯していた。

 JR東海によると、のぞみ114号は約35分遅れて名古屋駅を出発。上り列車8本に遅れが発生し、約9100人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ