PR

ニュース 社会

生後3カ月の娘に虐待 30歳の父親を傷害容疑で逮捕 千葉・鎌ケ谷

Messenger

 生後3カ月の娘に暴行し、けがを負わせたとして、千葉県警鎌ケ谷署は18日、傷害の疑いで、父親で同県鎌ケ谷市西道野辺の自称無職、珍田弘毅容疑者(30)を逮捕した。同署の調べに、珍田容疑者は「泣き止まなかったのでやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、18日午前0時ごろ、自宅で生後3カ月の娘の腹や左腿などを右手でわしづかみにし、打撲などの軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、病院から「虐待を受けている可能性のある乳児がいる」と通報があり、発覚した。珍田容疑者は20代の妻と娘の3人暮らし。事件当時、妻は不在だった。娘には肋骨(ろっこつ)骨折の痕などもあり、同署は日常的な虐待があった可能性もあるとみて、余罪についても追及する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ