PR

ニュース 社会

ジャパネットたかた、違法な価格表示 消費者庁が再発防止命令

値引き前の価格を不当に高く表示していたジャパネットたかたのチラシ
Messenger

 消費者庁は18日、通信販売大手ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)が、チラシなどでテレビやエアコンの値引き前の価格を不当に高く表示し、実際の販売価格がより割安に感じるように宣伝したのは景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、再発防止命令を出した。

 同庁表示対策課によると、カタログやチラシ、ダイレクトメールや自社サイトで商品を紹介した際、値引きした販売価格と、より高い「ジャパネット通常税抜価格」を表示。しかし、この通常税抜価格で販売していたのはわずかな期間だけだった。同課は「比較対照として表示するのは不当」と認定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ