PR

ニュース 社会

路上にブロック置かれる被害相次ぐ 静岡・浜松や湖西 

Messenger

 17日深夜から18日未明にかけて、静岡県浜松市や湖西市でコンクリートブロックなどが道路上に置かれる被害が相次いで見つかった。

 17日午後11時半ごろ、湖西市鷲津の国道301号でのぼり旗を立てる際の土台となるコンクリート製のアンカーが両車線に置かれていたのを通行人が発見した。浜松市内でも2カ所でコンクリートブロックなどが置かれる被害が発生し、このうち浜松市南区田尻町の県道に置かれたコンクリートブロックは乗用車がひき、約20メートル引きずった。いずれもけが人はいなかった。

 12~16日にかけては浜松市西区で同様の被害が4件発生している。

 浜松東署などは同一人物が置いた可能性もあるとみて、往来妨害容疑を視野に関連性などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ