PR

ニュース 社会

横浜市消防局の職員、覚醒剤使用…容疑で逮捕

Messenger

 覚醒剤を使用したとして、神奈川県警瀬谷署は18日、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で、横浜市消防局の職員、大西精一容疑者(46)=同市瀬谷区阿久和西=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は今月上旬ごろ、同県内またはその周辺で覚醒剤を使用したとしている。

 同署によると、別の覚醒剤事件の被疑者を捜査する過程で、大西容疑者が浮上。今月中旬に入って自宅を捜索したところ、覚醒剤そのものは発見されなかったが、尿を押収し鑑定した結果、陽性反応が出たため身柄を確保した。取り調べに対し「覚醒剤を使用したことに間違いありません」と容疑を認めている。

 同局によると、大西容疑者は平成5年に採用され、現在の階級は消防士長。予防課予防係で防災に関する広報などを担当していた。これまでに問題行動を起こしたことはなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ