PR

ニュース 社会

バレー部顧問の指導を調査要請、自殺の高3生の父

Messenger

 岩手県立不来方(こずかた)高=同県矢巾(やはば)町=のバレーボール部の男子生徒(3年)が7月に自殺した問題で、生徒の父親が13日、岩手県庁で県教育委員会の担当者と面談し、顧問の男性教諭による行き過ぎた指導が原因だとして詳細な調査を求めた。

 生徒の両親は「顧問からいつごろ、どのような言動があったのか詳細に明らかにしてほしい」として、第三者委員会を設置し検証するよう求めており、県教委が準備を進めている。

 県教委のこれまでの調査では、顧問から生徒に「おまえはばかか」「脳みそ入っていないのか」といった発言があったと一部の部員が証言。「顧問にきつく言われて、追い詰められている感じはあった」との報告もあった。

 また生徒の遺書には進学やバレーボールを続けることへの不安のほか、「ミスをしたら一番怒られ、必要ない、使えないと言われました」などと書かれていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ