PR

ニュース 社会

“風台風”が巻き起こす塩害、各地に爪痕なお 紅葉シーズン控えイチョウにも被害

Messenger

 洗車の列にいた会社員の関智和さん(42)も「窓や車体がベタベタになっている。さびる可能性があると聞いたので早く洗い流したい」と話す。

 本間上席研究員は「塩に強い碍子をもっと内陸部にも導入するなど、対策が必要だ」と話している。

■塩害から家、車、草花を守るには…

 台風による塩害への対策はあるのか。防災住宅研究所によると住宅の金属部分は塩分に弱く、さびやすい。担当者は「安全を確認してから真水で洗い流すなどの作業が必要になる」と話す。

 一方、乗用車などは塩分を浴びるとさびる可能性が出てくる。オートバックスセブンによると、時間が経過して塩分が完全に金属部分に固着した場合、こすると傷になる恐れがある。

 このため担当者は、無理に落とそうとせず、専用の粘土のクリーナーを車体に押しつけながら丁寧に清掃することを勧める。

 家庭の草花も海水をかぶると枯れる可能性がある。農林水産省園芸作物課の担当者は「事前に動かせるものは屋根の下や屋内に動かしておくのがベストだ」と説明する。

 一方、大きなものなどは「一時的にビニールをかぶせるのも有効。その場合は風で飛ばされない工夫も必要だ」。仮に海水をかぶってしまった場合は、真水で洗い流すしかないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ