PR

ニュース 社会

茨城県殉職警察職員慰霊祭 約180人が参列

Messenger

 交通取り締まりや捜査活動中などに殉職した茨城県警職員の慰霊祭が11日、県警察学校(同県茨城町上石崎)で営まれ、遺族や県警幹部ら約180人が参列した。

 式典では、参列者が黙祷(もくとう)をささげた後、種部滋康県警本部長が「御霊(みたま)の功績とそこから学んだ教えを深く心に刻み、県民の安全を確保するため県警職員が一丸となって職務に邁進(まいしん)し、県民の期待と信頼に応えていくことを固く誓う」と式辞を述べた。

 大井川和彦知事は「その身を挺(てい)して、ひたすら社会の安寧のために尽くした御霊に対し、県民を代表して敬意と感謝の意をささげる」と追悼した。

 その後、参列者は58柱の御霊が祭られた慰霊標「茨城県殉職警察職員慰霊之標」の前で、献花台に花を手向け、殉職者の冥福を祈った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ