PR

ニュース 社会

乗用車内で妻絞殺 男に懲役3年6月判決 千葉地裁

Messenger

 今年3月、乗用車内で妻を絞殺したとして殺人罪に問われた千葉市緑区あすみが丘の無職、小川大輔被告(39)に対する裁判員裁判の判決公判が11日、千葉地裁で開かれ、野原俊郎裁判長は懲役3年6月(求刑懲役5年)を言い渡した。

 判決は、病気を抱えた妻の行恵さん=当時(35)=を介護していたことを「献身的」と評価する一方で、犯行については「妻の命よりも、自らの経済的・精神的な苦しみから解放されることを優先させた」と非難した。

 判決後、野原裁判長は「社会復帰後は奥さんの分も生きぬくことが最善の供養。しっかり立ち直って」と小川被告を説諭した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ