PR

ニュース 社会

特養で91歳女性が両脚骨折し死亡 傷害致死容疑で職員の女逮捕

Messenger

 特別養護老人ホームで入所者の寝たきりの女性に暴行し死亡させたとして、京都府警は10日、傷害致死の疑いで、京都府向日市の特養「サンフラワーガーデン」の介護職員、安村南海(なみ)容疑者(22)=京都市中京区=を逮捕した。「納得できない」などと容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、7月10日午前11時半~午後0時20分ごろ、入所者の神戸(かんべ)重子さん(91)=向日市=に暴行を加えて両大腿(だいたい)骨骨折などの重傷を負わせ、翌11日午前1時ごろに死亡させたとしている。死因は出血性ショックだった。

 府警などによると、神戸さんは要介護度5で寝たきりの状態。当時は安村容疑者を含む職員数人が神戸さんの入浴を介助していたという。10日午後5時ごろ、巡回していた別の職員が、神戸さんが嘔吐(おうと)しているのに気付き、左腕に不審なあざがあるのを見つけたため119番した。

 滝口雅夫事務長は報道陣に「警察の捜査が及んでいる段階なのでコメントは差し控えるが、職員による暴行はなかったと信じている」と話した。施設には要介護度の高い高齢者約80人が入所。安村容疑者は昨年3月から勤務していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ