PR

ニュース 社会

セミナーの内容が焦点に 藩校「弘道館」の商標権訴訟

Messenger

 原告の女性は「県主催といいながら、実際は知事が個人の宣伝のために『弘道館』の名を悪用している。歴史上の人物をちゃかし、史実と異なる内容の寸劇が上演されたこともあり、許せない」と憤る。

 山口知事は産経新聞のこれまでの取材に、セミナーについて「内容も『弘道館』の歴史などを紹介しているものだ」とし、原告の女性が史実と異なると指摘する寸劇についても「弘道館への関心などを高める内容であり、非常に有意義なものであったと考える」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ