PR

ニュース 社会

「弘道館」イベントに使わないで 佐賀藩主の子孫が県を提訴 「史実と無関係な催し目立つ」

Messenger

 女性は、山口知事就任後の県のセミナー事業について「幕末の日本の歴史をゆがめかねない行為で、社会に及ぼす悪影響は計り知れない」と主張している。

 佐賀県は産経新聞の取材に対し、「『弘道館2』については適正に使用しており、商標権の侵害には当たらないものと考えている」としている。

 ■佐賀藩の弘道館 水戸、但馬(たじま)と並ぶ「天下三弘道館」の一つに数えられる藩校で、佐賀藩(肥前藩)第8代藩主・鍋島治茂が1781(天明元)年に設立。卒業できなければ家禄の一部を没収されるほどの厳しさで知られ、明治新政府で活躍した副島種臣(そえじまたねおみ)や大隈重信、江藤新平ら多くの佐賀藩士が儒学や兵学、洋学などを学んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ