PR

ニュース 社会

中国女性殺害後アルゼンチンに逃亡の被告に懲役20年

Messenger

 相模原市のマンションで平成22年8月、住人で中国籍の史潔瑩(しけつえい)さん=当時(40)=が首を絞められて殺害されているのが見つかった事件で、殺人などの罪に問われた元交際相手で無職、瀧谷具靖(ともやす)被告(46)の裁判員裁判の判決公判が10日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)であった。渡辺裁判長は「強固な殺意の下に犯行に及んだ」などとして、求刑通り懲役20年を言い渡した。

 渡辺裁判長は判決理由で、弁護側が「史さんが突然、刃物を持ち出してきて襲われ、パニックになった」として、正当防衛が成立すると主張していることについて「現場からも史さんが持ち出したとされる包丁は見つからないなど、被告の主張は不自然で不合理」と指弾。「数分間にわたって首を絞めるなど強固な殺意が認められる」などと指摘した。

 また、史さん殺害後にアルゼンチンへの逃亡を企てたうえ、知人男性=当時(39)=から現金を奪うなどしたことにも言及。「(殺害後の)行為もかんばしくない」とした。

 判決によると、瀧谷被告は22年7月2日ごろ、同市南区のビル内で史さんの首を絞めて殺害。同16日午前1時ごろ、知人男性を「お金と命、どっちが大事だ」などと脅迫し、現金約24万2千円を奪ったなどとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ