PR

ニュース 社会

労働者無許可派遣で暴力団組長らを逮捕

Messenger

 建設会社に労働者を無許可で派遣したとして、警視庁組織犯罪対策4課は、職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)の疑いで、指定暴力団極東会系会長、広尾光信容疑者(69)=東京都新宿区北新宿=と組員の男3人ら男女計6人を逮捕した。

 調べに対し、広尾容疑者は「シノギ(資金獲得活動)として労働者らを工事に送り込んだ」と容疑を認めている。同課は近く、同法違反の疑いで労働者を受け入れていた都内の建設会社2社の代表と法人としての同社を書類送検する。

 逮捕容疑は、平成29年10月から今年2月、JR新小岩駅(葛飾区)構内での通路整備工事や川崎市中原区内の鉄道関連工事に計59回、労働者8人を許可なく派遣したとしている。

 同課によると、広尾容疑者らは新宿区の西戸山公園で路上生活者らを勧誘し、約40人の労働者を同区内のアパート5軒に住まわせて工事現場に派遣していた。派遣先の建設会社から支払われた労働者への日当をピンハネするなどして、29年1月から今年3月にかけて計約6千万円の利益を得ていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ