PR

ニュース 社会

東名あおり 初公判12月3日 横浜地裁

石橋和歩被告
Messenger

 神奈川県大井町の東名高速道路で平成29年6月に起きた静岡市の夫婦死亡事故を誘発したとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪で起訴された福岡県中間市の建設作業員、石橋和歩被告(26)の裁判員裁判について、横浜地裁は10日、初公判を12月3日に開くことを明らかにした。公判は7回にわたって開かれる予定で、判決は同月14日に言い渡される予定。

 事件をめぐっては、神奈川県警が昨年10月、同法違反(過失致死傷)容疑などで石橋被告を逮捕。横浜地検は石橋被告が複数回にわたって後続を走る夫妻の車の進路を妨害した行為が危険運転行為に該当し、停止後に起こった事故との因果関係が認められるとして、より罰則の重い同法の危険運転致死罪で起訴した。

 一方、関係者によると、公判前整理手続きで横浜地裁側が危険運転致死傷罪の適用に懐疑的な見方を示したことなどから、横浜地検は予備的訴因として監禁致死傷罪を追加。弁護側は危険運転致死傷罪については「法に規定がない」として無罪を主張する方針という。

 起訴状によると、石橋被告は29年6月5日、パーキングエリアで死亡した萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を注意され逆上。萩山さんの運転するワゴン車を追い掛け走行車線上で停車させ、後方から進行してきた大型トラックが追突する事故を誘発し、萩山さんと妻の友香さん=同(39)=を死亡させたなどとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ