PR

ニュース 社会

児童虐待疑いの相談所通告が過去最多に、埼玉県警、今年上半期で4752人

Messenger

 県警は昨年から児相と情報共有に関する協定を締結。児相から県警への共有が234件、県警から児相へは106件だった。

 一方、児童売春など児童に悪影響を与える犯罪(福祉犯)の検挙数は160件と前年同期比から33件減少。SNSを通じた児童買春の被害は6人で、高校生5人と中学生1人。被害に遭ったサイトは「マリンチャット」が2人、「ひま部」「カカオトーク」「ツイッター」「ID掲示板」が各1人が利用していた。

 児童ポルノ事件の検挙数は55件で、被害児童のうち、スマートフォンなどで撮影した自分の裸の画像などを送らせる「自画撮り」の被害が約4割を占める。自画撮り被害に遭った児童の93%が中・高校生だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ