PR

ニュース 社会

児童虐待疑いの相談所通告が過去最多に、埼玉県警、今年上半期で4752人

Messenger

 虐待を受けている疑いがあるとして、埼玉県警が児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子供が今年上半期(1~6月)で4752人に上り、過去最多を更新したことが県警のまとめで分かった。統計を始めた平成23年から7年連続の増加で、通告される児童は年間1万人近くになるペースだ。

 児相への通告のうち虐待の種別は、言葉による脅しなど「心理的虐待」が全体の71%と大半を占め、「身体的虐待」14%、「保護の怠慢・拒否(ネグレクト)」15%、「性的虐待」(0・1%)-と続いた。身柄付き通告した児童は前年同期比から2人減り、236人になる。

 両親など、虐待の疑いで検挙されたのは40件(前年同期比4件減)、被害児童数も40人になる。身体的虐待が36件、性的虐待が3件、ネグレクトが1件だった。このうち、死亡した児童は3人。生後3カ月、1歳、8歳の児童。両親から暴行を受けたり、無理心中によって幼い命を奪われたりした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ