PR

ニュース 社会

運転士の忘れ物で出発遅れる JR東北線福島駅

Messenger

 8日午前5時55分ごろ、JR東北線藤田発新白河行き普通列車(4両編成)で、福島駅から乗務する運転士が業務用タブレット端末を待機場所に忘れて取りに戻ったため、出発が5分遅れた。乗客約80人に影響した。

 JR東日本福島支店によると、端末には業務規定などがインストールされていて、乗務中の携帯が義務付けられている。通常はかばんに入れて持ち歩くが、充電のために出していたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ