PR

ニュース 社会

米国籍有名DJ、デイビッド・モラレス容疑者に麻薬密輸疑い MDMA、福岡県警

Messenger

 香港から合成麻薬MDMAを密輸したとして福岡県警福岡空港署は7日、麻薬取締法違反(輸入)の疑いで、米国籍のDJ、デイビッド・モラレス容疑者(56)を逮捕した。同署によると「自分のではない。(何者かに)陥れられたんじゃないか」と容疑を否認している。容疑者のホームページなどによると、1998年にグラミー賞を受賞したことがあるほか、マライア・キャリーさんやジャネット・ジャクソンさんらの楽曲を手がけたことで知られる。

 逮捕容疑は6日午後3時55分ごろ、香港から福岡空港に到着した際、キャリーケースに入れていた靴下の中にMDMA0・3グラムを隠して密輸入したとしている。

 福岡空港署によると、モラレス容疑者は7日に東京で予定されていたイベントに出演するため来日した。来日前には、イタリアから米ニューヨークに渡って10日ほど滞在し、香港にも3日程度いたといい、「知人らと接触した」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ