PR

ニュース 社会

季節外れ猛暑、新潟で36度 10月の国内最高気温更新

Messenger

 台風25号の影響で暖かい空気が流れ込み、新潟県三条市で6日午後2時40分ごろに36・0度を観測した。季節外れの猛暑日(35度以上)となり、10月の国内最高気温の記録も更新した。7日も30度を超える地点が相次ぐとみられており、運動会やレジャーなどで屋外にいるときには水分補給などの熱中症対策が必要だ。

 気象庁によると、北陸は好天で日照時間が延び、太平洋側から流れ込む暖かく湿った空気が山を吹き下ろす際に気温が上がる「フェーン現象」も影響したとみられる。これまでの記録は新潟県糸魚川市で2013年10月9日に観測した35・1度。

 他に新潟県内では上越市で35・7度、長岡市で35・3度、柏崎市で35・1度を観測し、各地点での10月の最高気温を軒並み更新した。石川県かほく市で33・8度を観測したほか、中国や四国でも30度以上の真夏日になる地点が多くなった。7日も南寄りの風が入りやすいため、関東や東海で気温が上がりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ