PR

ニュース 社会

セアカゴケグモが相次ぎ見つかる 茨城・神栖市

神栖市神之池東部地区の工場で発見されたセアカゴケグモ(同市提供)
Messenger

 茨城県神栖市は3日、鹿島臨海工業地帯の工場や市内の畑で、特定外来生物に指定されている毒グモ「セアカゴケグモ」が見つかったと発表した。

 市環境課によると、9月29日と今月1日、同市の神之池西部、東部両地区にある工場のプラント内で、雌のセアカゴケグモが計3匹発見された。さらに1日には、同市鰐川(わにがわ)の畑で雌1匹が見つかり、いずれも発見者が処分した。

 けが人などの被害は確認されていないが、同課では今後、市内全域で発生する可能性もあるとして注意を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ