PR

ニュース 社会

大田区議の口座が振り込め詐欺に悪用 警視庁が区議を事情聴取

口座の不正譲渡問題について記者会見を開いた大田区議の荻野稔氏(中央)=3日、新宿区(石井那納子撮影)
Messenger

 金融機関のキャッシュカードを他人に不正に譲り渡したとして、警視庁が、犯罪収益移転防止法違反の疑いで、東京都大田区の荻野稔区議(32)=日本維新の会=を任意で事情聴取していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。カードの口座は振り込め詐欺に悪用された。荻野区議は同日、都内で会見して謝罪し、被害金200万円を弁償する意向を示した。同党都連「東京維新の会」は同日付で無期限の党員資格停止処分にした。

 警視庁や荻野区議の説明によると、荻野区議は平成29年2月上旬ごろ、インターネットで見つけた金融業者にメールで100万円の借り入れを申し込んだ。金融業者を名乗る男から電話で、「キャッシュカードを送ってもらえれば、口座に現金を入金した上、カードを送り返す」などと持ち掛けられた。

 荻野区議は都内の信用金庫口座のカードと運転免許証のコピーを業者側に郵送。その後、カードは返却されず、業者と連絡が取れなくなった。

 不審に思った荻野区議は口座の利用停止手続きを取ったが、口座は振り込め詐欺グループの手元に渡っていたとみられ、同月、大阪府堺市の60代の無職女性が市職員を装った男に電話でだまされた事件の振込先になった。女性が振り込んだ約200万円はすぐに引き出された。

 事件を捜査していた大阪府警から連絡を受けた警視庁が今年5月、荻野区議から任意で事情聴取したという。警視庁は、金融業者を名乗る業者が口座や携帯電話など特殊詐欺に必要なものを扱う「道具屋」だったとみて調べている。

 荻野区議は会見で、「被害者に深くおわび申し上げる」と謝罪した。「親族から執拗(しつよう)に金策を求められ、大手銀行や消費者金融から融資を受けられなかった」と説明。進退については「捜査に協力することを第一にしたい」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ