PR

ニュース 社会

【台風24号】静岡県内で一時71万戸が停電 全面復旧は4日

 台風24号の影響で停電し、点灯しなくなった信号機と交通整理をする警察官=1日夜、静岡市
Messenger

 台風24号が9月30日から1日にかけて非常に強い勢力を維持したまま通過した影響で、静岡県内全域で倒木や電線への飛来物などによる停電が発生し、1日未明には中部電力管内で最大66万3400戸、東京電力管内で同5万1200戸が停電した。全面復旧には最短で4日までかかるといい、市民生活に甚大な被害をもたらした。

 1日午後3時現在で、静岡県内の富士川以西の中部電力管内では浜松市を中心に磐田市、袋井市、静岡市や島田市などで約43万4300戸が停電。富士川以東の東京電力管内でも沼津市、三島市などの約4万300戸で停電した。

 中部電によると、県内では過去最大規模の停電だといい、台風の進路からみて本県が強風の吹きやすい東側に当たったこと、台風の速度が速かったことが、停電が大規模になった要因だという。

 中部電では1日は1000人体制、2日以降は他支社からの応援要員を増員して点検と復旧工事に当たるという。ただ、停電が広範囲に及んでいることから、点検だけで2日いっぱいかかり、電力供給の完全復旧は早くても4日にずれ込むという。

 1日には県内各地で、信号機が止まった交差点で警察官が車を誘導したり、レジが止まった店舗で電卓で会計をしたりといった光景が見られた。中部電の担当者は「今しばらくお客様にご迷惑をおかけしますが、1分でも早い復旧に努めます」と陳謝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ