PR

ニュース 社会

のこぎりの様なもので切断か 県警、死体遺棄事件とみて特別捜査班設置 千葉・大網白里

千葉県大網白里市の堀川の河口で頭部や手足のない遺体が見つかり、現場付近を調べる県警の捜査員ら=29日午後
Messenger

 29日朝、千葉県大網白里(おおあみしらさと)市の堀川の河口で、釣りをしていた男性から「人間の胴体のようなものが浮いている」と通報があった。県警東金(とうがね)署員が駆けつけ、胴体のみの遺体を確認した。県警は何者かが遺体を切断し、遺棄した可能性が高いとみて、同署に特別捜査班を設置。死体遺棄・損壊事件として捜査をはじめた。

 県警によると、遺体は成人女性とみられ、胴体部分は衣服をつけておらず、目立った外傷はないという。死後に頭部と両手足が切断された痕跡があった。

 捜査関係者によると、切断面の状況からのこぎりのような刃物で切断された可能性が高いという。腐敗はあまり進んでおらず、数日から数週間以内に遺棄されたとみられる。

 県警は週明けにも司法解剖するなどして死因や身元の特定を急ぐとともに、現場付近で遺留物などの捜索を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ