PR

ニュース 社会

弟を包丁で刺す 殺人未遂容疑でベトナム人の男逮捕 千葉・習志野

Messenger

 実弟を包丁で刺して殺害しようとしたとして、千葉県警習志野署は28日、殺人未遂の疑いで、ベトナム国籍の自称アルバイト、ファム・ヴァン・ドゥック容疑者(33)=同県習志野市津田沼=を逮捕した。調べに対し、「刺したことは間違いない」と容疑を一部認めているという。

 逮捕容疑は同日午前8時半ごろ、自宅アパートで、同居する弟(29)の左腕などを包丁で刺し、殺害しようとしたとしている。弟は重傷を負ったが、命に別条はないという。

 同署によると、事件後間もなく同じアパートの住人から「午前8時半ごろ、叫び声が聞こえ、外国人が血だらけになっている」と110番通報があり、事件が発覚した。同署で動機や経緯について、慎重に捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ