PR

ニュース 社会

斜面崩落で道路に大量土砂 16世帯が孤立 山梨

現場の道路で続く土砂の撤去作業=27日、山梨県上野原市川合(昌林龍一撮影)
Messenger

 山梨県上野原市川合の市道で、斜面の岩と大量の土砂が崩落し、道路をふさいでいるのを通行人が26日朝に見つけ、市に通報した。市は27日夕まで重機で撤去作業を行ったが土砂が残っており、28日も作業を継続する。

 市道の通行止めで、現場の先にある地区の16世帯、39人の住民が孤立状態となっている。市は台風24号の接近前の作業終了を目指すとしている。

 現場は市道「千足四方津線」の千足橋の南、約100メートルの地点。市によると、コンクリートののり面ごと約20メートルに渡って崩れ、幅5.5メートルの道路をふさいだ。けが人はなかった。

 孤立した地区では、電気、水道、電話は使えるという。地区から食料支援の要請はないが、生後2カ月の乳児が2人おり、市は現場に歩行できるスペースを作り、徒歩で乳児用ミルク缶を届けた。

 地区には人工透析患者も1人いるが、27日に徒歩で現場を越え、市内の病院に運んだ。

 現場の斜面には、20トン程度とみられる大きな岩が2個残っている。市総務課は「道路の土砂撤去が終わった時点で業者と安全確保策を検討する」としている。台風の接近もあり、通行止め解除まで一定の日数がかかる可能性もありそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ