PR

ニュース 社会

長野県知事 御嶽山噴火災害で犠牲者の冥福を改めて表明

長野県の阿部守一知事(久保まりな撮影)
Messenger

 御嶽山(長野、岐阜両県)の噴火災害から4年が経過するのを踏まえ、長野県の阿部守一知事は26日の記者会見で、犠牲となった登山者の冥福と被災者への見舞いの思いを改めて表明した。同時に「安全対策に引き続き取り組む」とも述べた。

 阿部氏は、木曽町が同日解除した山頂付近の入山規制に触れ、「御嶽山が噴火前の状態に戻りつつある一歩として、喜ばしいと受け止めている」と述べた。一方で、観光客が噴火前と比べ大幅に減少しているとして、地元自治体と連携し、観光振興に取り組む考えを強調した。

 阿部氏は27日、王滝村で開かれる追悼式に出席する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ