PR

ニュース 社会

搬送先の病院誤り15分遅延 さいたま

Messenger

 さいたま市西消防署は26日、救急隊が搬送先の病院を誤り、負傷者が病院に到着するまで約15分の遅れが生じるミスがあったと発表した。負傷者への影響はなかったという。

 同署によると、24日午後1時5分ごろ、さいたま市西区で起きた交通事故で軽傷の男性(52)を救急搬送する際、救急隊の女性隊員(26)が埼玉県富士見市にある搬送予定の病院とは異なる別の病院に収容できるかを電話で確認。搬送予定の病院に到着したところ、連絡先を誤っていたことが発覚、連絡した別の病院に搬送したため、遅れが生じた。

 同署は「隊員間の情報共有の欠落。初歩的なミス」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ