PR

ニュース 社会

希少種のゲンゴロウ盗難か 山梨で展示中の5匹

展示されている絶滅危惧種の「ナミゲンゴロウ」=山梨県北杜市(市オオムラサキセンター提供)
Messenger

 里山の昆虫や植物を観察できる山梨県北杜市の市オオムラサキセンターで、展示中のゲンゴロウ5匹が水槽からいなくなっていることが22日、分かった。環境省が絶滅危惧種に指定しているナミゲンゴロウとコガタノゲンゴロウの計2匹が含まれており、センターは盗まれたとみて見回りを強化している。

 センターによると、17日午前、職員がゲンゴロウがいる3個の水槽のふたが外れ、5匹がいなくなっているのに気付いた。6~8月には、ゲンゴロウと同じ部屋に展示中のニジイロクワガタなど4種類の昆虫も同様の被害にあっており、センターは防犯カメラの設置を検討している。

 跡部治賢館長(70)は「自然の大切さをみんなに知ってもらうために展示している。盗んだ人は、早く返してほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ