PR

ニュース 社会

依頼受け妻殺害に猶予判決 青森地裁支部「社会で更生を」

Messenger

 妻と心中しようと考え、依頼を受けて刺殺したとして、嘱託殺人罪に問われた青森県八戸市、無職、馬場勝美被告(60)に、青森地裁八戸支部は21日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

 橋本修裁判長は判決理由で、被告が体調不良で入院を余儀なくされることに絶望して自殺を考え、妻、洋子さん=当時(64)=も死を望んだと認定。「犯行は短絡的でむごいが、妻はちゅうちょする被告に包丁で刺すよう促した」と指摘し、「嘱託殺人の中で特に悪質ではなく、社会内で更生や贖罪の機会を与えるべきだ」と述べた。

 さらに判決言い渡し後、「今後も生きて洋子さんを弔ってもらいたい」と被告に説諭した。

 判決によると、馬場被告は洋子さんとの心中を決意し、6月1日夕、自宅アパートで、洋子さんに頼まれて包丁で胸を刺して殺害した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ