PR

ニュース 社会

FC契約を解消 客にセクハラの栃木のセブンイレブン

セブンイレブンの看板(写真と本文は関係ありません)
Messenger

 大手コンビニエンスストア、セブンイレブンの栃木県足利市にあるフランチャイズ(FC)店舗でオーナーの男性店長が女性客にセクハラ言動を繰り返した問題で21日、店長側の申し出で本部とのFC契約が解消された。

 親会社のセブン&アイ・ホールディングスは、店をいったん休業し、直営店か違うオーナーによるFC店として営業を再開させたいとしている。

 この店はセブンイレブン足利芳町(よしちょう)店。店長がレジで支払いをする女性客に下品な言動を続け、女性客が店から出た後もつきまとう姿が映された動画がインターネット上で拡散。同様の被害を訴える声がネットに投稿されていた。

 セブン&アイ・ホールディングスによると、店長は事実関係を認め、反省の言葉を口にしたという。広報センターは「お客さまに不快な思いをさせてしまい大変申し訳ない」としている。

 店長の行為は栃木県迷惑防止条例違反に問われる可能性もある。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ