PR

ニュース 社会

仙台の警察官刺殺、大学生がエアガン発射か 巡査長の顔に皮下出血 2人の死因は失血死

死亡した相沢悠太容疑者の自宅に入る宮城県警の捜査員ら=20日午後、仙台市宮城野区(内田優作撮影)
Messenger

 仙台市宮城野区の宮城県警仙台東署東仙台交番で、同交番勤務の清野(せいの)裕彰(ひろあき)巡査長(33)=警部補へ2階級特進=が刺殺された事件で、清野巡査長の顔に小さな皮下出血がみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。エアガンの弾も現場で発見されており、別の警察官に拳銃で撃たれて死亡した東北学院大3年、相沢悠太容疑者(21)が清野巡査長に向けて発射したとみて調べている。

 県警は同日、交番の現場検証を開始し、午後には殺人容疑で相沢容疑者の自宅を家宅捜索した。

 また、2人の死因はいずれも失血死だったとする司法解剖の結果を発表。清野巡査長の頭頂部、肩などに複数の刺し傷、腕部に防御創のような傷がみられ、左脇下部の傷が心臓に達していた。巡査部長(47)が相沢容疑者に撃った拳銃3発の弾はいずれも命中。左肺付近に1発が見つかり、この弾が致命傷となったとみている。

 相沢容疑者は19日未明、拾得物を届けに来たとして千円札1枚を持って交番を訪問。不審な様子はなく、巡査部長は別室に移動。その数分後、怒号が聞こえたため戻ると、倒れた2人を発見した。この間に相沢容疑者がエアガンを清野巡査長に向けて撃ち、威嚇した可能性も視野に捜査している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ