PR

ニュース 社会

窃盗容疑でアルゼンチン人ら再逮捕 神奈川県警

神奈川県警大和署に入る、グシケン・ファビアン・ナオキ容疑者 =20日、大和市 
Messenger

 民家に侵入して現金などを盗んだとして、神奈川県警捜査3課は20日、住居侵入と窃盗の容疑で、アルゼンチン国籍で同県座間市新田宿の無職、グシケン・ファビアン・ナオキ容疑者(24)ら5人を再逮捕した。全員容疑を認めている。

 5人の逮捕容疑は8月10日午前11時15分ごろ、同県綾瀬市内に住む男性会社員宅に窓をドライバーでこじ開けて侵入し、現金約125万円と貯金箱など7点を盗んだとしている。

 5人は6月に静岡県御殿場市で、7月には神奈川県平塚市で計3件の住居侵入と窃盗に及んだ容疑で、8月14日と今月3日、2度にわたって逮捕されていた。

 グシケン容疑者らは親か自分自身が中南米出身。同課は、グシケン容疑者らが今年6月から8月にかけて同県内で発生した約50件、被害総額約1500万円の窃盗事件に関わったとみて捜査を進めるとともに、ほかの余罪についても追及している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ