PR

ニュース 社会

覚醒剤使った疑いで元「歌のお兄さん」の男を逮捕 警視庁

沢田憲一容疑者(所属事務所のホームページから)
Messenger

 覚醒剤を使ったとして、警視庁新宿署は覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、NHKの子ども向け番組で「歌のお兄さん」を務めた自称音楽講師、沢田憲一容疑者(49)=兵庫県伊丹市荻野=を逮捕した。調べに、「覚醒剤を使ったことに間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は9月上旬から18日までの間、兵庫県、大阪府、東京都内のいずれかの場所で覚醒剤を使用したとしている。

 新宿署によると、沢田容疑者は都内での仕事のために18日午前に上京。仕事を終えた後の同日午後、新宿区の歌舞伎町にあるサウナで覚醒剤を使用したと供述しているという。

 同日午後6時15分ごろ、新宿区の路上で、パトカーを見て立ち去ろうとした沢田容疑者に警察官が職務質問。尿検査の結果、覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕した。カバンの中にあったポーチから、使用済みの注射器2本や、覚醒剤を吸引するために使うとみられるストローも発見されたという。

 所属事務所によると、沢田容疑者は歌のお兄さんとして平成8年から5年間活動していた。事務所は「事実を確認中」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ