PR

ニュース 社会

交番に包丁を持ち込む、22歳男逮捕 「仙台の事件影響」ほのめかす

Messenger

 交番に包丁を持ち込んだとして、神奈川県警多摩署は19日、銃刀法違反の容疑で自称、川崎市多摩区生田のアルバイト、金井達基(たつき)容疑者(22)を現行犯逮捕した。取り調べに対し、「警察官を包丁で脅せば拳銃で撃ってもらえると思った。死にたかった」などと供述して容疑を認めている。仙台市の交番で同日に大学生の男が巡査長を刺殺し、巡査部長に射殺された事件をテレビで見て思い立ったなどともほのめかしているという。

 逮捕容疑は19日午後9時25分ごろ、同区生田の生田交番に、刃渡り約11センチの包丁1本を持ち込んだとしている。

 同署によると、金井容疑者が立ち入った当時、交番は無人だった。約10分後、警察官2人が業務から交番に戻ると金井容疑者と机の上に置かれている包丁を発見。事情を聴いたうえで身柄を確保した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ