PR

ニュース 社会

【仙台警官刺殺】繰り返される襲撃 開かれた交番 対応の難しさ浮き彫り

Messenger

 警視庁幹部は交番などの役割を踏まえ「(訪問者と警察官との間を)ガラス板で隔てるなどの防御策は現実的ではない」と指摘した上で、「常に警戒を怠らずに訓練を重ねていくしかない」と話す。

 立正大の小宮信夫教授(犯罪学)は、今回の事件で相沢悠太容疑者が現金の落とし物を届けるふりをしていたことを挙げ、「交番は地域に開かれた存在であり、基本的に誰の訪問でも拒むことはない。事件を防ぐのは難しかった」とし、施設面での安全対策強化が必要だとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ