PR

ニュース 社会

【仙台警官刺殺】死亡した容疑者は仙台市の21歳大学生 「現金を拾った」と交番訪れる

警官が刺殺された東仙台交番はビニールシートで覆われたままだった=19日午後、仙台市宮城野区(納冨康撮影)
Messenger

 19日午前4時ごろ、仙台市宮城野区の宮城県警仙台東署東仙台交番で、清野(せいの)裕彰巡査長(33)が訪ねてきた男に刃物で刺され、死亡した。交番にいた男性巡査部長(47)が計3発を発砲、男は死亡した。男は同市宮城野区新田、東北学院大3年、相沢悠太容疑者(21)で、県警は殺人の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する。

 県警によると、相沢容疑者は「現金を拾った」と交番を訪れ、交番内で清野巡査長と巡査部長が対応。巡査部長が別の部屋に移動したところ、怒鳴り声と争うような音が聞こえたため戻ると、清野巡査長が血を流して倒れていた。

 清野巡査長のそばに相沢容疑者も倒れていたが、刃物とモデルガンのようなものを持って立ち上がったため、巡査部長が「刃物を捨てろ」と警告し、相沢容疑者に向けて1発発砲。なお向かってきたため、さらに2発を発砲したという。

 清野巡査長と相沢容疑者は救急車で市内の病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。

 当時、交番は4人体制で、他の男性警察官2人は仮眠室で休憩していた。清野巡査長は刃渡り約20センチの包丁で、胸や腹を複数回刺されたとみられる。清野巡査長は拳銃を抜いていなかったという。

 相沢容疑者が所持していたモデルガンのようなものは、サブマシンガン(短機関銃)に似た形状だった。

 今回の拳銃の使用について、捜査幹部は「実際に警察官を刺しており、発砲した警察官に対して刃物を向けて向かってきた。適切だったと考えている」と説明している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ