PR

ニュース 社会

児童買春の疑いで消防組合職員逮捕 神奈川県警

Messenger

 女子中学生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、神奈川県警浦賀署は19日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の容疑で、埼玉県毛呂山町の西入間広域消防組合職員、横尾達哉容疑者(29)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は3月18日午後2時15分ごろから2時間以上にわたり、同県鶴ケ島市内のホテルの一室で、同県川越市に住む当時中学2年で14歳だった中学3年の女子生徒(15)に現金3万円を渡して、みだらな行為をしたとしている。

 同署によると、神奈川県内で発生した別の青少年保護育成条例違反事件を捜査する過程で、横尾容疑者が浮上した。女子生徒とは3月上旬ごろ、会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合い、犯行当日に初めて会ったという。相手が中学生だと分かったうえでの犯行だったと認めているといい、同署が詳しい動機などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ