PR

ニュース 社会

着陸直後の日航機に鳥衝突 新千歳、一時滑走路閉鎖

Messenger

 19日午前10時45分ごろ、新千歳空港に着陸した直後の羽田発日航507便ボーイング737が、鳥と衝突した。着陸や滑走に問題はなく、乗客乗員171人にけがはなかった。死骸が見つかったB滑走路は清掃で午前11時40分ごろまで閉鎖されたが、もう一方のA滑走路で発着を継続し、大幅な遅れは出なかった。

 国土交通省や日航によると、左主翼の前部にある「スラット」と呼ばれる部分にへこみが確認され、修理のため、中部行きの日航3110便が欠航となった。

 国交省新千歳空港事務所によると、影響で3機が着陸やり直し(ゴーアラウンド)をしたほか、離陸予定の1機が数分間待機となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ