PR

ニュース 社会

町長失職もセクハラ疑惑否定、「町政刷新」にも執着 群馬・みなかみ

記者会見で「町政を混乱させこのような形で辞めることになり申し訳なかった」と頭を下げた前田町長=18日、みなかみ町役場(橋爪一彦撮影)
Messenger

 団体職員の女性に対するセクハラ疑惑が取り沙汰されている群馬県みなかみ町の前田善成町長(51)は18日、町議会で再び提出された不信任決議案が全会一致で可決され、自動失職した。昨年10月に初当選し、セクハラ疑惑が浮上して4カ月以上にわたり議会と対立を続けた前田氏はセクハラの意図を一貫して否定。次期町長選(10月28日投開票)に出馬しない意向を示しているが、町長在任中の目標だった「町政刷新」への意欲は捨てていないといい、今後の動向が注目される。

 「また、不信任を出すと議会が言うなら、出せばいいんじゃない」

 7月に不信任決議を受けたことに伴う今月9日投開票の町議選で、セクハラ疑惑を追及する反町長派に大敗した責任を取り、10日に辞職願を提出した前田氏は、半ばあきらめた様子で周囲に語っていた。

 辞職の期日は地方自治法の規定で30日とされていたが、前田氏は18日の議会で同日付で辞職する意向を表明。これに対し、町議からは「セクハラ疑惑問題の責任を取っていない」として不信任決議案が提出され、全会一致で可決された。

 前田氏を支持する町議も選挙直後の段階では数人いたが、町民からの強い反発を重大視し、見捨てる形となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ