PR

ニュース 社会

【北海道震度7地震】史上初のブラックアウト そのとき住民は… 役立つSNS、ご近所で助け合い

Messenger

節電意識も高まる

 マンション16階に住む60代の男性は7日朝に起床しても、足の痛みは消えていなかった。電気も復旧しておらず、落胆。ただ、備えを万全にした。知人の会社で、電話帳などのデータが入ったノートパソコンやひげそりを充電した。

 電気が復旧したのは7日午後4時すぎ。パッと明かりがつき、「助かった。本当にありがたい」と胸をなで下ろした。

 真っ先にしたのはシャワー。「また、いつ停電するか分からない」とバスタブに水を満たすことも忘れなかった。夜、節電を呼びかけるニュースを見て、電気を消し、明かりをアロマキャンドルに変えた。「ほんの少しだけれど、もっとひどい被害を受けている人もいる。早く復興してほしい」。電気のありがたさが身にしみた2日間だった。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ