産経ニュース

【北海道震度7地震】阿寒、知床…被災地離れても大きな影響 3連休の北海道 観光客は「元気になって」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【北海道震度7地震】
阿寒、知床…被災地離れても大きな影響 3連休の北海道 観光客は「元気になって」

道東の観光名所、硫黄山の駐車場。連休中だが、がらがらだった=16日、北海道弟子屈町(杉浦美香撮影) 道東の観光名所、硫黄山の駐車場。連休中だが、がらがらだった=16日、北海道弟子屈町(杉浦美香撮影)

 地震発生の6日に、新潟から北海道・小樽にフェリーで向かうはずだった長野県伊那市の元居酒屋経営、川手光広さん(67)は「新潟まで行きましたが震災と大停電を知り、北海道行きをあきらめた。電気が復旧したので仕切り直して11日に小樽に入りました。不便は感じない。1カ月かけて車で北海道旅行を満喫します」と話す。

 15日にフェリーで小樽入りした東京都青梅市の公務員、紺野衛(まもる)さん(46)夫婦は「車にはいざというときのために一応、水やカップラーメンは積んできました。連休というのに観光地はがらがら。よい季節なのに大変だと思う。北海道に元気になってほしいのでお金を使いたいと思います」。東京都在住のフランス人男性、会社員、ファブリス・モンクンさん(33)は「レンタカーなら車で移動できるため計画どおり千歳空港で車を借りて旅行を決行することにした。ガソリンが心配でしたが問題なかった」と北海道旅行を楽しんでいる様子だった。

 6日以降、道内の宿泊施設の予約をキャンセルしたのは延べ94万2千人で、飲食などを含む観光全体の損失額は推計約292億円。影響は道内全体に広がっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 阿寒、知床…被災地離れても大きな影響 3連休の北海道 観光客は「元気になって」
  • 阿寒、知床…被災地離れても大きな影響 3連休の北海道 観光客は「元気になって」

「ニュース」のランキング