PR

ニュース 社会

【太陽光発電は人を幸せにするか】(8) 積極誘致姿勢だった佃弘巳前市長の「影」が徘徊する静岡県伊東市

8月2日に始まった伊豆高原メガソーラーパークの現場事務所の建設工事=8月3日、静岡県伊東市八幡野(三枝玄太郎撮影)
Messenger

 記録的な猛暑に日本列島が見舞われた8月2日、静岡県伊東市八幡野の山林にヘルメット姿の作業員らが集まった。伊豆高原メガソーラーパーク発電所のプレハブの現場事務所を設置する作業が始まったのだ。同月10日には土地の掘削と樹木伐採を実施。伊東市は「条例違反だ」として8月15日付で経済産業省に報告書を提出した。

 8月3日、静岡県熱海市の熱海駅前にあるマクドナルド2階で、反対運動を支持してきた中田次城県議(52)はよく通る声でこう言った。

 「訴訟になっても、我々(反対派住民側)は負けませんよ。ハンファ側が出した書類には数値の改竄(かいざん)が100カ所以上あった。彼らが改竄していなかったら、4月末には着工できたはずです。静岡県が森林法に基づく林地開発許可を出したのは7月2日。林地開発と宅地造成の両方の許可がなければ着工とは見なされない。それは静岡県もそう言っているんです」

 小野達也・伊東市長(55)は、今年6月、市全域を「抑制区域」と指定し、太陽光発電所を建設する場合は市長の許可が必要で、1万2千平方メートル(1・2ヘクタール)を超えるものは原則認めないなどとする全国でも先駆的な条例を施行した。先行して平成27年7月に静岡県富士宮市が同様の条例を施行しており、静岡県内で2例目だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ