PR

ニュース 社会

高所作業転落死で書類送検 山形労基署、茨城の会社

Messenger

 高所での作業で安全管理を怠ったため、アルバイトの男性=当時(69)=が転落死したとして、山形労働基準監督署は14日までに、労働安全衛生法違反の疑いで、運送会社の丸羽ロジテック(茨城県ひたちなか市)と現場責任者の男性(46)を書類送検した。

 書類送検容疑は今年5月3日、山形市の建物で3階の外階段の踊り場(高さ約10メートル)の柵を開け放した状態で医療機器を運び出す作業をさせ、転落の危険を防止する措置を取らなかった疑い。

 男性は重さ約400キロの機器をクレーンを使って下ろすため、同僚と階段の踊り場に移動していて足を滑らせ、転落し死亡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ